華やかなブーケ

ブーケと言えば結婚式

フランス語で、生花や造花の花束と言う意味ですが、日本でブーケと言えば新婦がドレスの時に持つウエディングブーケを連想されるかたがほとんどでしょう。
最近では、形もさまざまで籠に花を生けたデザインもあります。
一般的には、ドレスのイメージに合わせた形に作られます。
使用する花の種類は、花言葉になぞらえた花、色は淡いもので組み合わせることが多くみられます。
時には新婦の好きな花で作られたりします。
生花が一般的ですが、近年、海外で結婚式をされるかたの為に造花で作り、持っていかれるかたもいらっしゃるようです。
または、結婚式のあと記念として自宅に飾るため、造花で作られるかたもいるようです。
ドレスの時に持つイメージですが、最近は和装用もあります。
使用される花も和のイメージに合う花に洋花をアレンジしたり、サテンのリボンのかわりに、絞りの紐や組みひもを使用し和装に合うデザインになっています。
着物を着た時に持つ巾着のように、丸くアレンジされ組みひもで持ち手をつけ和装バッグのデザインで、とても可愛らしい感じの物もあります。
和装用も同じく造花で作られた物もあります。
結婚式だけにとどまらず、時にはフラワーアレンジメントの代わりにデザインの変わったブーケを贈答用にすると喜ばれるのではないでしょうか。

いろいろなシーンで見られる華やかなブーケについて

結婚式で花嫁が持つ花束をまとめたものが、ブーケです。
花嫁が空に向かって花束を投げ上げて、それを受け取ったゲストが次の花嫁になれるというジンクスはよく知られています。
結婚式以外でも、発表会や公演会、コンサートなどで、ゲストがメンバーに渡したり、ギフトとしていろいろなお祝いで贈られたりすることもあるでしょう。
いろいろな花をバランス良く綺麗にまとめてあるので見た目も華やかであり、もらった人も嬉しいものです。
花束はお祝いのギフトにもふさわしいでしょう。
こうしたブーケは、生花で作られるのが一般的ですが、最近では造花やドライフラワー、プリザーブドフラワーを使っているものも増えてきています。
特にプリザーブドフラワーの花束は、花に特殊な加工をすることによって花びらが半永久的にみずみずしさを保ち続けることができて枯れないので、人気があります。
もらった後も、部屋のインテリアとしてずっと飾っておくことができるのが魅力です。
造花やプリザーブドフラワーを使って、手作りのブライダルブーケを作る人も増えており、ハンドメイドのあたたかさを感じることができます。
花束を作る際には、花言葉なども考慮しながら花を選ぶと良いでしょう。


Valuable information


OEMでオリジナルグッズをつくるならご相談ください


OEMでオリジナルグッズ製作が可能です


お客様との信頼関係を何より大切にします。


大和市の軽自動車販売店



最終更新日:2020/11/26