演出に合わせたブーケ

演出の幅が広がるさまざまなブーケ

結婚式と言えば、花嫁が手にするブーケは欠かすことができません。
真っ白の大ぶりの花をふんだんに使ったのもや、ピンク系で丸くまとめた可愛らしいものなど、衣装や好みに合わせて形や花の種類など、無限にオリジナリティを演出できるのもその魅了です。
最近は、和装に合わせて巾着袋風に作られたものや、ブレスレットのように腕に直接付けることのできるものもあります。
花嫁のブーケと言えば、それを手にした人が次に結婚できるという言い伝えから、欲しい独身女性が多のではないでしょうか。
花嫁がトスしたのをキャッチしたり、籤引きのようにリボンを引っ張ったりする演出も結婚式で一度は目にしたことがあるかと思います。
ブーケというと、どうしても女性のイメージが強くなってしまいますが、男性がブロッコリーを花に見立てて、独身男性に向けて行うブロッコリートスなるものも結婚式でじわじわと人気が出ています。
アイデア次第でオリジナルの演出を楽しむことができるのでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ブーケで結婚式を自分らしく演出する。

結婚式で花嫁さんが持つブーケは、とても綺麗で重要なアイテムです。
招待された人もどんな物だろうと期待しますし、これから式を挙げる人にとっては大事な物の一つだと思います。
また、たくさんの色々な花の種類がありラウンド形にしたり、かごに入った物など様々です。
最近では花嫁さん自身が手作りされたり、花嫁さんのお母様からのプレゼントという事もあるようです。
手作りだと世界に一つだけの大切な物になる事間違いなしです。
そして花嫁さんがブーケトスをされる物は、花嫁さんが持つブーケとは違い、お友達に合わせて一つ用意される方や、未婚のお友達全員に幸せになって貰いたいと全員分用意される方もいます。
全員分用意されると皆が幸せになれそうなので、お勧めです。
また、結婚式が終わった後にすぐ「特殊加工」する事で生花の美しいまま、永遠に残す事ができ、そして目のつく所に置いておくと、毎日結婚式の事を思い出しあの感動が蘇ります。
一生に一度の大切な結婚式に自分らしく華麗に演出されてみてはいかがでしょうか。

注目サイト



最終更新日:2020/10/15